コスモスの育て方:園芸COM



スポンサードリンク

コスモスの育て方

コスモスの育て方 時期は桜が散り終わった4月中旬頃から8月上旬までまけます。4月中旬に蒔くと7月が花の最盛期になり、7月に蒔くと秋が花の最盛期になります。排水と日当たりがよければ特に場所は選びません。庭やプランターなどに直蒔きして土を1cmぐらいかぶせればよいです。その他は種まきのページを参考にしてください。 コスモスの直まき 日当たりのよい場所を好みます。土は排水がよければ特に選びません。 種を蒔いたら乾かさないように水やりをします。節が3節ぐらい伸びたら後は庭植えの場合、土が乾くようでしたら水を与えます。鉢植えの場合は表面が乾いてきたら与えます。その他は花の水やりを参考にしてください。 痩せた土地を好むので肥料は控えめにします。3節ぐらい成長したら花壇の場合は即効性の化成肥料などを春と秋に、プランターなどの場合は緩効性の化成肥料や液体肥料などを春と秋に与えます。 摘心(一番上を切り落として横に広がせること) プランターや鉢植えの場合、背が高くなり過ぎるので本葉が8枚ぐらいになったら摘心してコンパクトに育てるとよいと思います。 花が沢山咲いていたのが、あまり咲かなくなったら切り戻しをします。 コスモスは自然に自生する事が多いですが、種を採っておくとまた来年蒔いて楽しむ事ができます。コスモスは一株では結実しませんが、何株も一緒に植えていると自然と結実して種ができます。
posted by 植木屋 at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96193425

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。